FC2ブログ

boss's diary
仕事と遊びは大好き、でも何よりも家族が大切なボスの平凡な日々・・

発熱・・

2009.06.01 004
深夜23時・・


済生会病院、夜間緊急入口そばの歩道に車を止め・・
秀馬を抱きかかえたまま病院に駆け込む・・


秀馬が39度以上の熱を出して・・
「豚インフルエンザ?・・」
な訳ないけど・・

とにかく熱を下げなきゃ・・
可愛そうだ・・



大泣きの秀馬を抱きかかえたまま・・
受付は結構いい感じ・・


でも、その後の対応が遅くって・・
秀馬は高熱で嘔吐し・・
待ってる間に、俺の服はゲロまみれになってしまった・・


で・・
「何か拭くものありますか・・って、言うよりまだかかるんですか?・・」
と少々キレ気味の俺・・・

の10秒後・・
「三上秀馬さ~ん・・」
って、言わなきゃいつまで待たされたか・・



冷静な女医さん・・
「どうされました?・・」
って・・
まずゲロ拭かせてください・・
それに歩道に止めた車に、貴重品そのままなんですけど・・

かなりイラついていた俺に負けじと・・
威厳を出す女医・・


でもね・・
問診に聴診器・・
その程度の検査で何がわかるちゅうの?・・

それより・・
まず熱冷ましてくれよ・・
そうすりゃ落ち着く訳だし・・



そういやぁ・・
インフルエンザ大丈夫?・・
「今じゃ熱があるから調べれんから朝来い」・・
って・・
そんなんでいいの?・・


なんだか・・
頼りないのって・・
心配なんですけど・・
今時の先生って、若いし経験なさそうだし・・
やたらトラブル気にするし・・

と言うのも・・
熱性痙攣の気がある秀馬・・
ひきつけ防止の座薬を入れて・・
一時間後に解熱の座薬を入れることになりました・・



今はちょっと落ち着いて・・
寝ていますが・・

頼りになる医者や病院はもうないのでしょうか?・・



なんか・・
親身さに欠けてる気がするのは俺だけ?・・

  1. 2009/06/05(金) 00:00:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する